ほわぴの旅行日記

旅行大好き!小さな旅行から国内・海外旅行まで。日々のお勉強の進捗など。

美容に金をかける

容姿のことで振られたことを今でも悔やんでいます。

昨日も涙が止まらず苦しくなりました。自分がかわいかったらこんな思いしなくてよかったかもしれないのに…。

 

女の人が美容に目覚めるのってやっぱり思春期くらいなんでしょうか。

私は中学生の時は、休みのない部活に時間をとられそれどころではありませんでした。それにF1が好きだったから、そっちにお金を使ってました。

高校に入ってから目覚めてピアスしたりパーマかけたりしてました。

大学に入ってからは基礎化粧品を揃えて、ソフィーナの人に教えてもらったことだけやってました。それ以外(アイメイクとか)はわからなくてやってませんでした。今もわからないです。

でもそんなのわからないって友達にも言えないし、なんとなく過ごしてました。

おしゃれな友達は他人の指摘(あれダサイとか…)がすごくて、自分も言われてるのかなと怖くなりました。

 

社会人になってからも大学と同じような感じでやってたけど、鬱病になり無職になってお化粧をしなくなりました。体重は20キロ増え、そこから立ち直るのに10年以上かかってしまいました。

 

最近やっとお化粧がまたできるようにはなってきました。

でも知らないうちにお肌は劣化してた。

 

そんなとき、目の前に現れたあの人。

 

ちゃんと継続して美容に気を使っていたら、結果は変わってたのかな…って今も毎日つらいです。努力が足りなかったって。。

 

そこでせめて平均くらいお金をかけてみたらどうかなと思いました。

cancam.jp

平均:12000円。

 

予算を12000円に設定しました。

早速今月は美容院を予約しました。

もう半年もいってません。美容院は3ヶ月以内にいくのがベストなはずです。美容院の会社にいたときに半年経つと失客扱いでした。私は失客です。

 

・できるだけ美容院は3ヶ月以内に行くこと。

 

基礎化粧品はなんとか継続してつかています。

化粧水、美容液、乳液の3種。ファンデーションまではなんとか。

 

でもここから先が何もありません。

姉に即席で選んでもらったポイントメイクの道具少しだけ。

もうちょっとお金かけてよいのかなと思います。

 

銀座に資生堂のマンツーマンのメイクレッスンがあるときき、みてみたのですが予約でいっぱいでした…。これはいつになるかわからないのであきらめました…。

 

しばらくはYou Tubeで練習してみようかなと思います。お金もそんなにかかりませんし…。

あいりさんというユーチューバーの方のが同世代でよさげでした。

www.youtube.com

この人笑顔がとても良いんです。なんか安心できます。

この人が紹介している道具などを参考にしてみます。

 

しばらく必死でやってかわいくならなかったら、整形を考えたいと思います。

心の傷は治らないかもしれないけど…

© White and Peach 2017-2019