ほわぴの旅行日記

旅行大好き!小さな旅行から国内・海外旅行まで。日々のお勉強の進捗など。

【レビュー】この世界の片隅に

自動車学校で疲れて病んでいたときに、アマゾンプライムで「この世界の片隅に」を見てました。

戦争関係のものはアニメでもあまり見ない(ようにしている)んですが、そろそろ大人だし!小学生の頃、はだしのゲンをチラ読みしてからどうもトラウマなんです…。

 

やっぱり途中キツイシーンがあったんですが、全体的には見てよかったと思える内容でした。

正直まだそこまで前の話じゃないけど、顔も見たことない人の家に嫁ぐなんて今じゃあんまり考えられないんですけど、うちの祖父母も自由恋愛ではなかったようだけど仲良くしてたし、親の決めた相手っていうか、家柄が似ている人とは案外うまくいくのかなって思います。とはいえ、他人の家で生活するわけなので最初はきつそうですけど。

 

私は若い頃は親が決めた相手とか、そんなの絶対考えられない、結婚は親が反対しても好きな人とするもんだと思ってたけど、最近年のせいか相手の家族に認められ、自分もちゃんと相手の家族を理解してないと結婚はしたくないなって思うようになりました。

今回のように戦争モノを見たり、大災害で苦しんでいる人を見たりしたとき、やっぱり家族がいて頑張れるみたいな、そういうシーンをみる機会が増えてるからでしょうか。

 

それにしても戦争って当時自分が生きてたら怒りをどこへぶつけていいやらわからないくらい腹立たしい出来事だなぁって思いました。

自分は平和に暮らしてて、苦しくなることもあるけど実はたいした悩みじゃないのかなって思えてきます。

精神的に弱いのでたまに見るほうが良いのかも。

 

ネタバレはあまり書かないようにしたいんですが、すずと周作がイチャイチャしてるのはちょっとうらやましかったです。

が、すずが幼馴染とイチャつきそうになるシーンは自分的にはなんだかイヤでした。どんな事情があっても過去は過去で結婚したならふたりきりにさせるとかありえない!

クンナーー女々しい!

© White and Peach 2017-2019