ほわぴの旅行日記

旅行大好き!小さな旅行から国内・海外旅行まで。日々のお勉強の進捗など。

クラウド型POSレジに変えてみた

「軽減税率制度平成31年10月1日から実施」ということで対象業者はレジを軽減税率対応のものに買い換えねばならず、只今レジ購入の際国から補助金が出ます。

 

うちも一応食品を扱っているので便乗して買い換えることにしました。

当初補助金期限が今年の3月までになっていたので、焦って買い替え準備に入りました。今見てみたら期限平成31年9月30日まで延長してた。

 

最初のレジ

ちなみに実店舗はそんなに力を入れる気がなかったので、当初アマゾンでこのレジ

カシオ レジスター 4部門 小型ドロア SE-G1WE ホワイト

カシオ レジスター 4部門 小型ドロア SE-G1WE ホワイト

 

の前の型を1万ちょっとで購入。

安い割に使いやすくて、部門が4つくらいついているので大まかなカテゴリの集計は可能でした。

例えば「肉球グッズ」「猫グッズ」「犬グッズ」みたいな集計は可能だったわけです。

でも常に手打ちなので、商品数の多い雑貨屋には限界がありました。

商品に価格がかいていない商品をPCやスマホで調べなきゃいけなかったり、何より何が売れたか忘れてしまい在庫がめちゃくちゃになります。

 

なのでそろそろPOSレジにするか迷い始めてました。

そんなとき、補助金制度を知り買い替えを決断。

レジ3万未満の場合は4分の3、3万以上の場合は3分の2で上限20万まで出るのでかなりお得!

 

必要な機能

バーコードリーダーでの商品管理

・売上集計

 

できれば必要な機能

・顧客管理、ポイントカード

・オンラインショップとの連動

 

実は前々からIT系の展示会に行って下調べをしてました。時期が来たら契約しようと思ってたPOSレジ「スマスト」

スマスト | スマスト公式サイト

見てみると、開発が止まっているんでしょうか。

新しい情報もなく、画像が切れてたりもしたのでやめました…。将来性のないレジはちょっとイヤです。。

 

早速取引先に相談してスタンダードなPOSレジのデモをやってもらいました。

併用してクラウドタブレットIPad用)POSレジも調べました。

 

 

 

こんな感じのPOSレジを提案されたのですが、中のソフトはソフトウェア会社が開発したものが入っていて、カスタマイズが可能とのことでした。

バーコードリーダーでの商品管理が可能、売上集計も可能、顧客管理(ポイントカード)可能、うちが使っているカラーミーショップとの連携可能、楽天市場との連携は不可。

オンラインショップとの連携は後々ほしい機能ですが、今のところ必要ないので上記可能なスペックで見積をお願いしました。

 

だいたい本体、ソフト、サポートあわせて80万ほどの見積が上がってきました。

ちょっと高すぎなので、商品登録は自分でできるし、どうにか削れないかと聞いて結局最終見積65万であがってきました。

軽減税率補助金3分の2で、40万ちょっとの補助金、だいたい合計20万ほどでした。5年で割ると月5000円はきってきます。

 

一方タブレットレジですが、無料とうたっているところが多いのですが、がっつり使おうと思うと有料版になることが多いです。相場は月額5000円~。

 

ubiregi.com

ユビレジは無料版だと売上が72時間しか表示されなくて、期間集計しようと思うと最低月額5600円はかかってきます。

念のため無料版使ってみたのですが、使いづらかったかも。

 

スマレジ

smaregi.jp

スマレジは結構使いやすくて、そこそこの機能がついているので最初これにしようと思ってました。でも、なんとなく簡素すぎたのと会計連携が有料でやめました。

 

スクエア

squareup.com

 スクエアはカード決済だけだと思ってたら、レジとしても使えるようで、ほぼこれで決定と思ったら画面が超見づらくて、集計画面も見づらすぎてやめました・・・。

 

Airレジ

airregi.jp

月額無料。当時顧客管理機能はありませんでした。

画面は見やすいし、商品登録も簡単。

リクルート関係の会社がやっているので、突然なくなったりはしないし、開発も止まることはないのかなと思います。

 

そしてしばらく考えた結果、一番最初のIPadは使わず、結局使いやすそうだったスタンダードなPOSレジに決めました。

契約書を交わして待ちに待った納品!

 

なんと、顧客管理つけた契約だったのについていませんでした…。

そして使い方を説明してもらっていたのですが、指導者が全然理解してなくて私達の逆に教えるという事態に・・・

そして何よりドロアを持ってきてくれてなかった。。

あとで上司が謝りに来るといったけど、不信に思い販売店に相談して契約を白紙に戻すことにしました。

 

また振り出しに戻り、疲れてしまったので結局初期投資がかからないIPadレジのどれかに決めることにしました。

上記4つを併用して試してAirレジに決めました。

 

決め手は月額完全無料なのと、弥生会計との連携、操作性が良かったこと、画面もみやすかったこと、ビッグカメラで事前に相談できて補助金申請も代行してもらえたこと。

 

顧客管理はできなかったんですが、そこは別に良いかなと思いました。ちなみに今は簡単な顧客管理機能がつきました。

そして当初商品登録に制限があったけど、今はうちの商品だいたい700点ほどですが問題なく登録ができます。CSVからもOKです。原価も入れられるので利益率もでます。

周辺機器はドロア、バーコードリーダー、IPadあわせ10万ほど。

IPadに関しては半額の補助金しかでなかったんですが、それでも6.6万の補助金が出たので4万ほどで全て揃いました。

 

ちょうど10ヶ月ほど使っているのですが、問題なく使えてます。

弥生会計には取込っておしたらデータすいとってきてくれて、そのまま転機してくれるので、いちいちレシートみながらの入力も不要になりました。

機能も少しずつ上がってきているのでコスパは非常に高いです。

ぜひぜひ参考にしてください!

© White and Peach 2017-2018