ほわぴの旅行日記

旅行大好き!小さな旅行から国内・海外旅行までおすすめスポットを紹介

弥生会計を使ってみた

繁忙期に入って全然ブログ書けてません。

内容忘れてしまいそうなので、合間に書いてみることにします。

 

起業して最も面倒な経理

今どき手で計算してる人は少なくなったと思うけど、PCでやるにしても何のソフトを使えば良いか迷ってしまいます。

起業当初、個人事業主のとき真っ先に使い始めたのが「やよいの青色申告」でした。

やよいの青色申告 18 通常版 <消費税法改正対応>

やよいの青色申告 18 通常版 <消費税法改正対応>

 

安くて使いやすくてしばらく使ってました。

法人成りしてから「弥生会計」を使うか、他のソフト探すか迷っていた所、某大手企業の営業が入り、販売ソフトと会計ソフトをリースで契約してしまいました。

 

別に変な会社ではないんですが、販売・会計ソフト総額180万→リースでした。

決め手となったのは販売ソフトと会計ソフトとの連携、そして後々、好きなようにカスタマイズできると聞いたため。

保守(サポート)料は月額1.5万円ほどかかってました。総額5年で200万超!

 

今思うとPCが苦手な人向けの契約だったようで、最初に1から説明してくれるというメリットはあるものの、自分はほぼ説明書なしでソフトを使うことができていたのであまり必要がありませんでした。

そして保守契約しているとソフトのアップデートができてたのですが、その都度CD-ROMが送られてくるという古代式でした。

あえてオフラインで使い、情報がもれないようにする方が良いと聞いたけど、イマドキどうなんだろ・・・

ソフトのカスタマイズは超高額で割に合いませんでした…。

結局リース期間の5年間、当初から会計ソフトがどうも合わなくて早く変えたい変えたいと思いながら、粘って使ってました。

 

というのも会計ソフトとネットバンクとの連携は当たり前と思っていたのに、それが一切できなかったんです!イマドキイマドキ!!??

ということで契約終了が近づき、地元企業協力のもと、ソフトを一新することを決め、いろいろ探して、結局もともと使っていた弥生に戻しました。

弥生販売 18 プロフェッショナル 通常版  <消費税法改正対応>
 
弥生会計 18 スタンダード 通常版 <消費税法改正対応>

弥生会計 18 スタンダード 通常版 <消費税法改正対応>

 

販売はプロフェッショナル、会計はスタンダード。

なんと弥生でも販売ソフトと会計ソフトの連携普通にできた・・・!!(知らなかった・・・)

 

前のソフトのデータなんとか引っ張ってくることができました。

私がやりたかった会計とのネットバンク連携は思った以上に精度が上がっていて、科目の予測機能がめちゃくちゃ便利でした。

レシート読み取りアプリとの連携でレシートも入力しなくて良くなり、直接入力するのはネットバンク契約していない銀行の入力くらいになりました。

後回しにしていた経理がほぼリアルタイムで追いついてます。

 

そして使い始めて1年がたちました。

弥生の気をつけなければいけないところは、1年たったところでサポートを継続するかどうか。「解約します」と言わないと継続してしまうことになるようでした。

販売はデータ分析にのみ使用しているので、特にサポートやアップデートは必要なく、会計は最後のところは税理士に任せているので多少法律変わっても大丈夫ってことでサポート解約することにして電話で解約しました。

 

解約からしばらくして、ネットバンク連携機能が急に使えなくなりました。

 もしやサポートに入ってないと使えなくなるんじゃないかと思って見てみたら、やっぱりそうでした。

解約時サポートの再開、半年くらい大丈夫みたいに聞いてたので、気づいてからキリの良い12月1日にサポート再開することにしました。

「電話でお問い合わせください」とあったので、電話してみると

「新しいバージョンのソフトが出たので、買い直ししていただくことになります」

と言われました。

 

私「は?どういうことですか???」

弥「ですから新しいバージョンのソフトが出たので・・・」

私「それっていつのことですか?」

弥「10月23日に発売されました」

私「そんなの聞いてませんし、そもそもネットバンクの連携ができなくなることも聞いてなかったんですよ!!」

弥「そうでしたか・・・過去の電話の録音を確認して折返しさせていただきます」

 

しばらくして

 

弥「大変申し訳ございません。確かにスマート取込(ネットバンク連携サービス)ができなくなることをお伝えしておりませんでした。従来のサポート再開ということで承ります」

 

ということで、なんとかサポート再開できることになりました!

書い直すと42,120円、サポート再開できることになったので28,080 円で済みました。

っていっても、前のソフトと比べると月額で換算してゼロ1個違ってました。

ゼロ1個減って、こんな便利になるんだったら最初からしておけばよかった!

良い勉強になりました。

 

whiteandpeach.hatenablog.com

 

 

© White and Peach 2017-2018