ほわぴの旅行日記

旅行大好き!小さな旅行から国内・海外旅行まで。日々のお勉強の進捗など。

お魚・仲買の仕事

月初は忙しくてなかなかブログが書けません。

今日は名古屋行ってて疲れたので、勉強をお休みにして、ブログ書くことにしました。

 

今シーズン、いよいよ開始しました!!

f:id:whiteandpeach:20171105115645j:plain

って何が・・・!?

 

今日は私の雑貨屋以外の仕事、魚の仲買人について書いてみたいと思います。

私の実家は干物屋なのですが、早朝近くの市場へ魚を買い付けにいかねばなりません。

 

2013年、私は神奈川県相模原市から実家のある三重県にUターンしました。

その頃、身体も精神状態もかなり悪く状態になっていたので、雑貨屋は開店休業(仕入れを減らす、更新を減らすなど)にし、しばらく療養してました。

寝る以外、ほぼPC作業だったのでさすがにおかしくなってました。

でも何年も休まないで仕事をしてきたせいか、仕事をしてないと不安になってしまいストレスでした。それに何してよいかわからない。

カウンセリングに通いながら、療養してました。

 

その中で違う仕事をするのもひとつの手だと、親の仕事を手伝っていたのですが、ある日、父から「市場にいってみるか?」と誘われついていくことになりました。

 

確かブーツでいって靴が濡れそうだし、滑りそう・・・って思った覚えが。。

部外者だと怒られるところです。

市場にはピチピチした魚がたくさん並んでいました、知らない魚もたくさん!

その中で妙に気になってしまった赤い魚、ヤガラ。

f:id:whiteandpeach:20171105122530j:plain

すごくきれいで見たことがない色でした。

PCの色ばかりみてきたせいか、自然色が珍しかったんです。

年齢的に驚いたり、おおーっ!ていうことがしばらくありませんでした。だから余計に刺激的でした。

そして翌日また行ってみると、前日とは違う魚が並んでました。ぴちぴち。

次の日も次の日も、違う魚がいてわくわくしました。

 

そして、入札。

うちの近くの市場は入札制で、”いくらで買います”っていう札を渡します。

セリとはまた違い、テレビで見るような焦らされる感じはなくて、番号のついた変な帽子?(というと怒られるけど)をかぶる必要もなく、マイペースに進めることができます。

父はいくらで入札するか、すぐに決めることができないみたいで、すごく鬱陶しくて途中から「来なくてよいか?」=「来なくてもよい(来るな)」で話がつきました。

ギャンブルと似てるところがあると思うんですが、迷うくらいなら買わないでほしいです。

私はその札を入れるのが楽しくて、競馬やルーレットのときみたいに集中力が増して生きてる感じがしてそれが病みつきになりました。

そして、朝の魚の買い付けは私の仕事となりました。

 

早く起きることで生活リズムが整い、10年くらい悩んでいた不眠症も治り断薬にも成功しました。

大漁の日は昼くらいまでかかってしまうこともあるのですが、去年から市場の前にテナント借りたので、お客さんがきても飛んでいけるようになり悩みも解消!

そのうちウェブカメラつけようと思ってます。

 

ということで、今シーズンの入札もがんばります♪

© White and Peach 2017-2018