ほわぴの旅行日記

旅行大好き!小さな旅行から国内・海外旅行まで。日々のお勉強の進捗など。

【雑貨屋】販売ソフト

雑貨屋をはじめてから使用した販売ソフトをご紹介したいと思います。

会社員時代からデータ分析が好きで、勝手にいろんなデータを作っては社長のところに持っていったりしてました。

「おおこのデータいいな!」と言ってなんでも採用してくれる親切な社長だったけど、他の社員からは仕事増やされてちょっと嫌われてたかも。。

 

会社やめて自分で商売はじめたら、何のデータ作っても誰にも文句言われないので、その点では良かったです。

最初はお金がなくて、安めの販売管理ソフトを購入してみました。

わくわく販売管理

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ピクシス情報技術研究所 わくわく販売管理 2
価格:11039円(税込、送料無料) (2017/10/5時点)


 

 

安い割に結構使えて初心者向けのソフトです。

ただ、顧客が電話番号などで振り分けられているわけではなくて、名前で検索するのですが、完全一致の検索のため、例えば名前を入力する際、名字と名前を半角空白にするのか、全角空白にするか、最初にきちんと決めてやらねばなりません。

それできちんと検索できれば、購入履歴も閲覧できて便利となります。

日ごとの集計、月ごとの集計、年ごとの集計、範囲を決めての集計ができます。

もちろん商品ごと、顧客ごとの集計もできます。

CSV書き出しでカスタマイズもできました。

コストパフォーマンスはかなり高いです。数年使いました。

 

親も商売をしているのですが、ずっと手書きの伝票で時間がかかっていて、20年くらい前からパソコンに変えられないのかと相談を受けていたのですが、あれの機能、この機能もって言って話が進みませんでした。

それに当時、安価なソフトはなく、20万くらい出さないと良いソフトが手に入らなかったように思います。

そして他の人に勧められたソフトを使おうとしたらしいんですが、全く使いこなせず、機能を求めても使いこなせないことが証明されたため、このソフトで妥協するようにいい3年ほど前から導入しました。

今では繁忙期の残業が減り、随分楽になったようです☆

 

 

ちなみにうちは現在・・・

弥生販売プロフェッショナル


 

 

パワーアップしました!

違いと言えば、会計ソフトに売上が飛ばせることと、分析データが豊富であること。

わくわく販売管理は確か粗利益がでなかったと思います。

オープン当初、気に入った商品をどんどん仕入れて売っていたわけですが、中には利益があんまり出てないんじゃない??ってものがありました。

そこをきちんと数値化して、判断材料にしたくて少しパワーアップさせました。

 

ネット販売メインだと、見積もりや掛売りがほぼなくて正直そのへんの機能は必要ないので、そのへん改良した安いソフトだったり、Access使ったりそんなのでも良い気はしました。

 

もっともっと売れてきたらカスタマイズしたソフトでも作ってみたいものです。

 

© White and Peach 2017-2018